司書室日記

司書室日記2020

図書館の本を選ぼう

普段、図書館の本はスタッフが選んでいます。

今回、より多くの教職員・生徒の皆さんの視点で本を選んでもらいたいと思い、出版社の協力を得て図書館に4000冊という大量の本を運んでいただきました。そして『現物を見て本を選ぶ』(図書館用語で見計らい(みはからい)選書と言います)というイベントが実現しました。

聖学院の図書館にふさわしいと思う本を、選んでみませんか?自分のお小遣いで買う本とはまた違う視点で選ばなくてはいけません。

図書館で買ってほしいと思う本に、しおりをはさんでいきます。

10月21日(水)までの開催です。保護者の方もご参加いただけます。ぜひ、この機会に図書館に足をお運びください。

出版社の方が運んで下さっている最中から選び始める生徒も

 

こうしてしおりをはさみます

2020年10月14日

朝の開館、始まります!

新型コロナウィルス対策のため中止していた図書館朝の開館、中間テスト明けにいよいよ再開です。8時開館となります。

他学年の生徒同士が交わらないようにとの配慮で中止していた朝の開館ですが、パーテーションを設置する、入館前に検温と消毒を行う、という対策を徹底し、再開します。

教室に行く前に図書館に立ち寄り、ほんの少し、朝学習。大きな負担もなく続けられる習慣です。小さな積み重ねが大きな成果を生むこの習慣、多くの優秀な先輩たちが実践してきました。試してみてください。

 

図書館からの推薦本も更新しています。

→こちら

 

 

2020年10月08日

中1図書館ガイダンスを行いました

 

 

中学1年生の国語の授業時間内に、図書館ガイダンスを行いました。

例年4月に行われているこの授業ですが、今年はまず7月に本の貸し出しについてのガイダンスを行い、さらにこの時期にようやく、「図書館は、本を借りるだけの場所ではなく、情報センターである」ということを学ぶガイダンスを行うことができました。

情報があふれている世の中に見えますが、数多ある情報の中から正しく有用なものを探し出すことは容易ではありません。「情報を選び取る力」=「生きる力」につながっていく時代、図書館で情報を選び取る力を一緒に育んでいきましょう。

 

 

今年からインターネットに接続できる端末を生徒全員が持参しています。図書館のホームページにある蔵書検索機能を使う練習も行いました。

2020年09月28日

秋の声

図書館で聞こえる虫の声、セミの鳴き声ばかりでしたが、ここ数日ですっかり秋の虫の声になりました。

生徒の皆さんも週4日、全員登校が始まりました。

週6日登校の高3生は毎日、それ以外の学年の生徒は登校日に図書館を使うことができます。最終下校時刻の18時30分まで利用できるので、読書だけでなく、勉強場所としても活用してください。

本の紹介ページを更新しています。
→こちら

 

 

2020年09月12日

東京・学校図書館スタンプラリーから推薦本の冊子が発行されました

本校図書館も参加しているイベント「東京・学校図書館スタンプラリー」。毎年夏休みの期間中に開催されますが、今年は残念ながら開催見送りとなってしまいました。

イベントは中止になってしまいましたが、参加校の司書がおすすめ本を選んで紹介する小冊子『いつでもそばに 本があるー学校司書が選んだ小中学生におすすめの本』は例年通り作成しました。

PDFファイルが公開されています。活用してください。

→こちら

過去の小冊子がまとめられた本も出版されています。

→こちら

こちらは図書館に所蔵しています。是非、手に取ってみてください。

 

図書館は、毎日18時30分まで開館しています。感染症対策をしてお待ちしています!

 

2020年08月29日
» 続きを読む
過去の日記
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度