幻の学校暦「大正16年1月~3月」

今年は元号が変わり、それに伴う儀式や、影響を受ける町の様子などが数多く報道されています。(聖学院はキリスト教主義学校のため、元号は使用せず西暦を用いることになっています。)

今回、ご紹介するのは、大正から昭和に移り変わる瞬間を表わしたものです。
「大正16年 總豫定表」。
今でいう「学校暦」です。

大正天皇は、1926年(大正15年)12月25日に47歳で亡くなり、この日が昭和元年となりました。このことから、今回、紹介する「大正16年總豫定表総」は、「来年も大正という元号が続くこと」を前提にして、学校の予定を書いたものであることが推察されます。
内容を見ると、1月~3月という、今の3学期にあたることから、「入学試験」「卒業証書授与式」「定期考査」などの日程が記されています。

93年前の聖学院の記録をご覧下さい。

デジタルアーカイブスはこちら

2019年07月24日