ニュース一覧

写真展「平和を創り出すために~日本軍写真班兵士が遺した広島・原爆投下の真実~」開催のお知らせ

1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下された際、軍の命令により罹災者の被害状況を写真に記録するよう命じられた兵士がいました。陸軍写真班の尾糠政美さん(当時24歳)です。
尾糠さんは、火傷で苦しむ市井の人々にファインダーを向け、「申し訳ない」と涙を流しながらシャッターを押し続けました。尾糠さんご自身も、原爆により母親を失っています。
戦争が終わり、撮影した写真の多くはGHQの指示で焼却処分されました。しかし、尾糠さんは、真実を後世に残そうと写真の一部をこっそり自分の手元に残しておきました。

展示のようす

尾糠さんの経歴

インタビューに答える尾糠さん

原爆投下から74年。
2019年春、尾糠さんの三男・清司さんが、その写真を持って本校図書館を訪ねて来られ、父・政美さんが遺した写真を寄贈して下さいました。

現在、図書館では、「平和を創り出すために~日本軍写真班兵士が遺した広島・原爆投下の真実~」と題して、尾糠さんが遺した写真を展示しています。この展示会を通して、男子中高生に「平和の創り出すためにできること」を考える機会にして欲しいと願っています。

繰り返さない

語り継ぐ

他人事にしない

〔尾糠政美さんの経歴〕
1921年(大正10年10月17日)
島根県邑智郡瑞穂町(現 邑南町)の農家(父:元二郎、母:マキノ、男4人・女2人の6人兄弟の5番目)として生まれる幼い頃から、写真に興味を持つ。
1936年(昭和11年)尋常高等小学校を卒業。(15歳)
1937年(昭和12 年)16歳の時、広島県三次市の写真館で、写真の修業を始める。
1941年(昭和16年)広島船舶司令部に入隊。
1942年(昭和17 年)ニューブリテン島ラバウルに従軍上陸。
1943年(昭和18 年)フィリピン・セブ島に従軍上陸
1944年(昭和19年)フィリピン・マニラに上陸。その後、広島市宇品港へ帰還。
1945年(昭和20 年)8月6日。広島市宇品で被爆・広島市南区に住む母を捜しながら被爆状況を撮影する。退役後、島根県に戻り結婚、川本町でオヌカ写真館を開業。
1949年(昭和24年)28歳の時、第一子・英紀が誕生。
1953年(昭和28年)32歳の時、第二子・正樹が誕生
1962年(昭和37 年)41歳の時、第三子・清司が誕生。
2011年(平成23年)肺炎のため、死去。享年89.

〔人柄〕
「頑固な昭和の男」。仕事人間で、孫が生まれるまでは365日写真店を開け、休日はなかった。撮影の腕、写真の品質は良かったらしい。「来るもの拒まず」のタイプで交友関係が広く、我が家には、隣人から親戚までひっきりなしに、いろんな人が出入りしていた。お酒と魚が大好きで、近所の魚屋には我が家の刺身皿が何枚も預けてあり、夕方に寄ると刺身が盛り付けられていて、それをもらって帰っていた。「世の中で役立つ人間になりなさい。人に好かれる人間になりなさい。」と教えられた。

(三男 尾糠清司さん談)

2019年09月13日

幻の学校暦「大正16年1月~3月」

今年は元号が変わり、それに伴う儀式や、影響を受ける町の様子などが数多く報道されています。(聖学院はキリスト教主義学校のため、元号は使用せず西暦を用いることになっています。)

今回、ご紹介するのは、大正から昭和に移り変わる瞬間を表わしたものです。
「大正16年 總豫定表」。
今でいう「学校暦」です。

大正天皇は、1926年(大正15年)12月25日に47歳で亡くなり、この日が昭和元年となりました。このことから、今回、紹介する「大正16年總豫定表総」は、「来年も大正という元号が続くこと」を前提にして、学校の予定を書いたものであることが推察されます。
内容を見ると、1月~3月という、今の3学期にあたることから、「入学試験」「卒業証書授与式」「定期考査」などの日程が記されています。

93年前の聖学院の記録をご覧下さい。

デジタルアーカイブスはこちら

2019年07月24日

『東京・学校図書館スタンプラリー』開催のお知らせ


聖学院の図書館は、この夏休み『東京・学校図書館スタンプラリー』に参加いたします。
この企画は、都内35校が参加して小学生・中学生・図書館関係者に夏休みの間、学校図書館を開放し、見学をしていただくイベントです。

当日は、図書委員生徒による絵本の読み聞かせやクイズなどを用意して、皆様のお越しをお待ちしています。

〔日程〕

8月27日(水)10:00~15:00
8月28日(木)10:00~15:00 (※予約不要)

〔対象〕

受験生・受験生保護者・図書館関係者

(下記の写真は昨年度の様子です)

図書委員による絵本読み聞かせ


友達ができたぶた館長

2019年07月23日

夏休み期間の開館予定

図書館では、夏休み中、以下の期間で開館します。

<開館期間> 7月16日(火)~8月9日(金)、8月19日(月)~8月29日(木)
<開館時間> 8:00~17:00

※8月10日(土)~8月16日(金)は学校閉鎖期間のため、校内には入れません。
※毎週土曜日は閉館となります。
図書館開館カレンダーもあわせて参照して下さい。
※台風の接近等、特別の事由が起きた場合は、図書館HPにて開館時間の変更をお伝えすることがあります。

以上

2019年07月11日

7月6日(土)開催トークライブ「編集者のお仕事」チケット配布を開始!

聖学院中学校高等学校では、年に2回、「高度教養寄付講座」と題して、作家や翻訳家、東北で被災地支援に関わっている方などをお招きしたトークライブを開催しています。

7回目となる今回は、文藝春秋「オール讀物」編集長の大沼貴之さんをお招きして、「編集者のお仕事」というテーマでお話しして頂きます。
大沼さんは、年に2回発表される「直木賞」(公益財団法人日本文学振興会)の選考委員会において司会の労を取られている方です。作家と編集者との具体的なやりとりや、直木賞の決定に至るまでのエピソードなどを存分に語って頂きます。

観覧をご希望の方には、図書館カウンターにてチケットを無料で配布致します。(先着50名)
生徒を通じてのお渡しも可能です。また、電話によるチケット取り置きも致します。
みなさまのご参加をお待ちしております。

【日時】  2019年7月6日(土)午後1時〜2時30分(開場 12時30分) 

【過去の図書館主催講座】


第1回高度教養寄付講座 2016年7月9日(土)
「柴田元幸 × 権頭真由 × 佐藤公哉 朗読&音楽会」
出演 柴田元幸(翻訳家・東京大学特任教授)、3日満月(佐藤公哉・権頭真由による音楽デュオ)

第2回高度教養寄付講座 2016年12月10日(土)
川端裕人『文系?理系?それって……』
出演 川端裕人(作家)

第3回高度教養寄付講座 2017年7月8日(土)
映画「新地町の漁師たち」上映会
監督 山田 徹 
音楽 3日満月(佐藤公哉・権頭真由による音楽デュオ)

第4回高度教養寄付講座 2017年12月9日(土)
「震災復興 本が果たした役割」
出演 古賀東彦(シャンティ国際ボランティア会「走れ!東北 移動図書館プロジェクト」岩手事務所・南相馬事務所所長)

第5回高度教養寄付講座 2018年7月7日(土)
対談「直木賞が決まるまで」
出演 大沼貴之(文藝春秋社「オール讀物」編集長・直木賞選考委員会司会担当)、伊藤氏貴(文芸評論家・明治大学准教授・高校生直木賞発起人)

第6回高度教養寄付講座 2019年3月11日(月)
「3月11日、学校が揺れた日
~仙台で被災した教師からのメッセージ~」
出演 石井信生(宮城県立津谷高校(現、本吉響高校)、石巻西高校、古川高校、仙台南高校、仙台第二高校、富谷高校元教諭)

高度教養寄付講座とは……
聖学院中学校高等学校図書館では、生徒・保護者・教職員への図書利用サービスはもちろんのこと、三者の文化を撹拌する「匙」としての役割を担うために、さまざまな企画を実践しています。「高度教養寄付講座」は、社会還元のひとつとして、文学、教育、社会、国際といったさまざまな分野の識者を招いて、日常の教育活動の枠を越えた「生の言葉」を届けることを目的としています。
めまぐるしく変わる環境下で、日々の課題について、スピード感を持って解決することが求められる時代だからこそ、「生の言葉」を聞き、それを反芻し、時にはあえて逡巡する「間」を持つ姿勢が求められます。
この会を通して、生徒・保護者・教職員が、さらに高い教養を得て、それに支えられた思慮深さを得られるようなればと願っています。

2019年06月03日