司書室日記2020年度

2020年度、スタート!

混乱の中ですが、桜はいつもと同じように、入学・進級を祝ってくれています。

2020年度、スタートです!

今年もたくさんの本と出会ってください。

 

2020年04月01日

入学・進級おめでとう

普段とは違う形のスタートですが、きっと一生心に残るでしょう。

日常生活と共に、図書館に君たちの笑顔が戻ってくるときを心待ちにしています。

 

 

 

2020年04月06日

新プロジェクト、進行中

目に青葉!

緑が眩しい季節になしました。

生徒のみなさん、メッセージ動画をみていただけたかな?

図書館では休校中もみなさんに本を読んでもらえるよう、新プロジェクトを準備中です。

もう少しだけ、お待ちくださいね。

2020年05月07日

『うちで踊ろう』チャレンジしました

本校の図書館スタッフ5人が、星野源さんの「うちで踊ろう」に挑戦し、動画を配信しました。

「楽器を持つのが久しぶり」という人もいましたが、なんとか最後まで演奏しました。

自宅学習が続く毎日ですが、生徒のみなさんも息抜きに、挑戦してみては如何でしょうか?

「うちで踊ろう」図書館ver.はこちらから

https://www.youtube.com/watch?v=_F92pZ9SPtw

2020年05月16日

【第7回高校生直木賞】候補作家のみなさん​からメッセージをいただきました

本校文芸同好会の生徒が毎年参加しているイベント、「高校生直木賞」。高校生の視点から直木賞作品を選ぶ、というイベントです。

毎年4月の下旬に開催されていましたが、今年度は新型コロナウィルスの影響で、日程が確定されていない状況です。

そのような中、候補作品の著者の方々から文藝春秋社を通して「高校時代、私はこんな本を読んでいた」と題したメッセージをいただきました。
学校がお休み中のあいだも、高校生直木賞の候補作を読んでくれている生徒のみなさんへ向けたものです。

第1弾は、朝倉かすみさん。先ほど文藝春秋BOOKSにて公開されました。
https://books.bunshun.jp/articles/-/5499

以降、毎日、
5/22 大島真寿美さん
5/23 小川哲さん
5/24 川越宗一さん
5/25 窪美澄さん
この順で、午前11時頃に公開される予定です。

この機会に、すべての生徒のみなさんに興味を持っていただければうれしいです。

2020年05月21日

本日、図書館生徒利用スタートです

スタッフ一同、生徒の皆さんが来てくれる日を待ち望んでいました。6月8日、いよいよ全学年の皆さんに本を借りに来てもらえます。

ぶた館長も、感染対策万全で待っています。嬉しそうです。

ぜひ利用してくださいね。

2020年06月08日

図書館の感染症対策

生徒の皆さんの利用が始まって、1週間が経ちました。

図書館では、以下の方法で感染症対策を講じています。

1、館内でのマスク着用、会話・接触の制限
2、入口でのアルコール消毒
3、ロッカーの使用休止
4、密集を防ぐための間隔を取った席の配置
5、カウンターのアクリル板設置
6、返却本のアルコール消毒
7、多数が利用する赤本・参考書類の貸出制限(館内での使用のみ)

現在は、全学年の皆さんへの「貸出」「返却」、および高3生への「コピー」サービスのみ行っています。
今後、状況に合わせて利用できるサービスを追加できるよう、準備をしていきます。
また、一回の貸出冊数を10冊までに増やしています。

みなさんのご協力をお願いします。

 

 

カウンターにアクリル板を導入

ぶた館長も万全の装備

返却された本は、すべて消毒します

入口に消毒用アルコールを設置

入口の混雑を避けるため、荷物の持ち込み可

急な休校に備えて、また、混雑を避けるため、貸出冊数を5冊→10冊へ変更

2020年06月15日

図書館にカエルが遊びに来ました



図書館に遊びに来たカエル君、どこから来たのでしょうか。

山手線の駅から徒歩5分という都会で、驚きました。

そこで、カエルにまつわるこの本をご紹介します。

『ふたりはいつも』『Frog and Toad All Year』(Arnold Lobel 作 三木卓 訳)

小学校の国語の教科書に載っている『お手紙』と同じシリーズ、がまくんとかえるくんの心温まるお話です。なぜ小学校の教科書に載っている本が中・高図書館に?と思った君は鋭い!

この本は英語で書かれたものを翻訳したもので、英語の本を是非読んでもらいたくて図書館に置いています。日本語の方は、三木卓さんの翻訳が秀逸で、そこも是非味わってほしいと思っています。とても美しい日本語です。音読の教材としてもおすすめです。

 

図書館はすっかり梅雨の装いです。登校日にはぜひ図書館に足を運んでください。

 

2020年06月17日

新コーナーです

新しいコーナーを作りました。

『保健室の先生おすすめ本』コーナー

中1から高Ⅲの6年間というのは、身体的にも精神的にも大きな変化を伴う時期です。
年に一度行われる健康診断で、自分の変化に驚く人も多いことでしょう。

図書館では、保健室の先生とタイアップして、「中高生の心身の成長を手助けする本」の特集コーナーを作りました。

困っていること、相談できないことの解決への糸口がつかめるかも知れません。
ぜひ、利用してみてください。


『中1郵送図書』コーナー

休校期間中、図書館では中1生徒にむけて、「本2冊、利用案内、お手紙」を郵送しました。
分散登校が始まり、それらの本が返却されたことを受けて、図書館スタッフが「中1に読んでもらいたい」と厳選した本の特集コーナーを作りました。

友だちにはどんな本が送られていたのでしょう?

ぜひ、手に取ってみてください

2020年06月27日

中1ガイダンスー図書館の使い方を学びました

本格的に夏の暑さがやってきた折、中1生に図書館ガイダンスを行いました。

例年ならもちろん4月に行われます。今年は新型コロナウィルス対策のため通常登校がままならず、暑さが本格化するこの時期となりました。

図書館は地下1階にあり、もちろんエアコンも完備しているので、とても涼しいです。ご心配なく!

図書館は本を借りるだけの場所ではありません。情報センターです。あらゆる情報があふれている世の中で、正しい情報を選択して得るためにどのような方法があるのか、これから6年間かけて、じっくりと学ぶ場所です。

とはいえ、まずは本に親しんで、図書館を好きになってほしいと思います。そこで、今日はくじで当たった本を1冊借りて帰りました。

日頃、手に取らない分野の本にも親しんでもらいたいという願いから、中1生にぜひ読んでもらいたい本を、司書が選びました。

 

 

2020年07月09日