【第7回高校生直木賞】候補作家のみなさん​からメッセージをいただきました

本校文芸同好会の生徒が毎年参加しているイベント、「高校生直木賞」。高校生の視点から直木賞作品を選ぶ、というイベントです。

毎年4月の下旬に開催されていましたが、今年度は新型コロナウィルスの影響で、日程が確定されていない状況です。

そのような中、候補作品の著者の方々から文藝春秋社を通して「高校時代、私はこんな本を読んでいた」と題したメッセージをいただきました。
学校がお休み中のあいだも、高校生直木賞の候補作を読んでくれている生徒のみなさんへ向けたものです。

第1弾は、朝倉かすみさん。先ほど文藝春秋BOOKSにて公開されました。
https://books.bunshun.jp/articles/-/5499

以降、毎日、
5/22 大島真寿美さん
5/23 小川哲さん
5/24 川越宗一さん
5/25 窪美澄さん
この順で、午前11時頃に公開される予定です。

この機会に、すべての生徒のみなさんに興味を持っていただければうれしいです。

2020年05月21日